CAT WORKS

http://catworks.hp.infoseek.co.jp/
 
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
NEUTRIK TIMBRE PLUG
(IDとパスワードがわからなくなってログイン出来なかったからブログを更新出来なかったというのは内緒です。)

ちょっと面白いプラグ。
NEUTRIKから発売されているものですがプラグでケーブルの電気特性に変化を与えようと言うものです。
前から気にはなっていたんですが日本では発売されていないものなので海外から直接引っ張って入手しました。
(Made in Leichtensteinとあるのでリヒテンシュタイン公国製なんでしょうね。)


早速手持ちのケーブルに取り付けてみたところ。
プラグの頭につまみが付いていて4回路のスイッチが付いています。


ポジション1がニュートラル。
以降2→3→4と効果が変わっていきます。
簡単に言うとケーブルに軽微なパラメトリック・イコライザーを搭載した感じですかねw
元々のケーブルの能力は損なわずに効果が出ますしニュートラルがあるのでノーマルの音が出せるところがありがたい気がします。
今お客さん有志数名に同時に購入いただいて(最低出荷数と送料の関係で1個じゃ高く付くのでw)それぞれ使っていただいていますが、電気特性を変えることで周波数特性を変えているので使っているギター(PUの特性)や機材の組み合わせによって効果が異なっていて面白いです。
ライブの時などに会場の機材に合わせてスイッチポジションを変えてみたり「ちょっとだけ隠し味が欲しいな」と言うときに便利かもしれないです。

とりあえず取り寄せは可能なので興味のある方はご相談ください。
もちろん試奏も出来ますよ。

NEUTRIKの公式動画があるのでどうぞ。(TIMBREは前半部のみ)


このプラグをギター側に持って行くかアンプ側に持って行くかは使い勝手次第でしょうが私は壊すのが怖いヘタレなのでアンプ側にしています。
| お勧め商品 | 19:02 | - | - | -
KAMINARI Mersey Beat 60′s Cable
KAMINARI Cableの新商品 "Mersey Beat 60's Cable" です。



60年代初頭にイギリスを起点としてアメリカを巻き込むビートミュージックの一大ムーブメントがありました。
その中でもリバプール出身のバンドが創り出す音楽はリバプールの接する川にちなんで「マージービート」
と呼ばれることになります。
見た目は当時のミュージシャンが使っていた細身のケーブルを再現しながら性能は現在の水準でリメイク
したものという感じです。




特筆すべきは直径4.3φというケーブルの細さであり非常に軽量。
使用時のハンドリングの良さが爽快です。
また、プラグもケーブルに合わせて開発された専用品であり、真鍮よりの削り出しでシンプルな形状ながら
堅牢さを重視しています。
サウンドに関してはデモ品を用意していますので是非ご自分の耳でお確かめ頂きたいと思います。

今のところ限定生産品なのでお早めにどうぞ。
メーカーページはこちらです。
| お勧め商品 | 10:23 | - | - | -
KAMINARI Patch Cable
ようやくというかとうとうと言うか。
KAMINARI CableのPatch Cableが完成しました。



長さは25センチと35センチの2種類になります。
今回のポイントはプラグにあり、黄銅削り出しにニッケルメッキ仕様のオリジナル品で、コンパクト且つ高性能を目指しました。
既にKAMINARIシリーズをお使いの方は勿論、高品位パッチケーブルをお探しの方にもお勧め出来ます。
 
| お勧め商品 | 13:36 | - | - | -
SHADOW SH HB-T チューナー
SHADOWより発売されているちょっと変わったチューナーのご紹介です。



ご覧のようにリアPUのエスカッションが一部張り出していますね。
ここにチューナーのディスプレイ部が組み込まれているわけです。

試しにD弦でチューニングを行ってみます。(カメラの角度の関係でわかりづらいかもしれません。)



今は「L(Low)」のLEDが点灯しているのでDよりも低い状態です。
ここからチューニングを上げていきます。



「T(In Tune)」のLEDが点灯しました。これで適切です。
更にペグを巻き上げていくと・・・



今度は「H(High)」のLEDに変わりました。
結構輝度の高いLEDなので視認性は良好です。



半音の場合はこんな感じになります。

実物をご覧なって触ってみたい方は店頭にてご用命ください。

SH HB-Tはカーブドトップ用、フラットトップ用、トレモロ搭載機用があり、おのおのブラックとクリームが用意されています。
チューナー本体はPUキャビティの中、電池(CR2032)はコントロールキャビティに納めます。
取りつけに際しては一部本体に加工を加える必要がある場合もありますので当方にご相談ください。

 
| お勧め商品 | 19:11 | - | - | -
KAMINARI cable
ケーブルはギターの「音」をアンプに伝えるという重要な仕事を担っているのですが意外に気を遣わない人が多いように感じます。
損失の大きいケーブルを使うとギターの「音」を無駄に犠牲にしていることになりますし、高いギターを使ってもその持てる性能をフルに引き出せずに終わってしまうこともあります。



高品位ケーブルによる電気的損失の減少を計ると共に徹底的な試験の積み重ねによる音質の追求から生み出されたKAMINARI Cable です。

KAMINARI Curl
カールケーブル独特の音質は残しつつ高品位ケーブルの使用でレンジの広さとピックアップの良さを持つ最新の技術でリファインされた現代のカールケーブルです。
'60〜'80の音楽をやっている方には是非使って頂きたいケーブルです。

KAMINARI Acoustic
耳障りな高域をタイトに引き締め、アコースティックのレンジの広さを損なうことなく切れ味の良い音をアンプに送り込みます。
"Acoustic"のみならずBASSでの使用にも適しています。

双方とも店頭での試奏が可能なので現在ご使用のケーブルをお持ちになって是非一度お試しください。

詳しい商品説明は
KAMINARI GUITAR でどうぞ。
KAMINARI GUITARの製品は全商品取り扱いしております。
 
| お勧め商品 | 15:35 | - | - | -
CLEARTONE STRINGS
 「CLEARTONE STRINGS」 の販売を開始致します。



コンピュータのハードディスクドライブのプレートに使用するために開発されたコーティング剤をもとに、特許を取得した特別な加工製法EMPコーティングにより、業界で最も薄いコーティングを実現。
また、CLEARTONEはラウンド弦だけではなくプレーン弦にもコーティングが施されています。

当方ではアコースティック、エレクトリックの試奏機をご用意しておりますので、店頭で実際に触れていただいて感触を実感していただけます。
今まで「コーティングの弦はどうも・・・」と思われていた方にこそお勧めしたい弦です。
とにかく触れた感じは従来のコーティング弦とは異なります。

プレーンのバラ弦や、12String、BASS5弦も在庫しております。
| お勧め商品 | 10:49 | - | - | -
ケーブル&プラグ
ギターとアンプを繋ぐものはシールドケーブルなんですが、今回はそのケーブルの両端部分について。

ギターから不用意にプラグを引き抜くとアンプから恐ろしい音が出ますよね。
アンプのボリュームをその都度ゼロに戻せばいいんですが、つい忘れたりするものです。
また、ギターを頻繁に持ち替えたりするときには結構それが面倒だったりします。
そんな時にお勧めなのが、「スイッチ付きプラグ」というヤツ。
これをギター側に入れておけばある程度防ぐことが出来ます。



上からスイッチクラフト製、NEUTRIK製、G&H製の各種スイッチ付きプラグです。

ウチでは全てのシールドにいずれかを取り付けてありますから実際に操作感や使い勝手を体感して頂けます。
ただしスイッチ付きは可動部分を持っているので、ノーマルのプラグに比べると耐久性で劣る面はあります。
しかし、数ヶ月とかで壊れるものではないですし、消耗したら交換すれば良いだけのことです。
それで安心が買えるなら安い物なんじゃないかと思います。



スイッチ付きプラグを自社製品に装着して販売しているメーカーもありますが、種類はそう多くないですし、やはり自分の使い慣れたケーブルが一番でしょうからこれらのパーツで使い勝手を良くしてあげると良いでしょう。

スイッチ付き以外でもノーマルのプラグも在庫しています。
Beldenのケーブルも仕事柄様々な用途に使っていますので何種類かは常備しています。
ご自分の好みのパーツでケーブルを作ってみるのもよろしいかと。
 
| お勧め商品 | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -